The Happy Prince(22)

「赤いルビーは、剣についていないし、目玉にあった青いサファイアもない。なにより、王子の金箔が、すっかり剥げちまってる。これじゃあ、物乞いと変らないじゃないか、ええ?」と知事がいえば、議員は全員で「物乞いとかわらないじゃないか」と唱和するのでした

「王子の足元をみろ、鳥の死骸まである始末だ」と知事が続けると、「鳥は彫像の足元で死ぬこと罷まかりならぬと、お触れを出しましょう」と都庁書記が知事の意向を文書に記録します

役人たちの命令で王子の彫像はひきずり下ろされました。「美を失ったものは、用なしだ」と大学の美学教授がのたまいます

彫像は溶鉱炉に放り込まれました。知事は残った金属をどうするか、それを決める会議を招集します

 

関連記事

  1. The Happy Prince(17)

  2. こどもと読書(1)

  3. The Nightingale and the Rose(15)

  4. The Happy Prince(23)

  5. The Happy Prince(3)

  6. Reverie

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー