The Happy Prince(17)

「私に残された目をくりぬいて、あわれなあの子にやってくれ。そうしたら打たれずにすむだろうから」

「もう一夜ひとよ、わたくしは、お供いたします」とツバメ。「けれど、とてもそんなことは私にはできません。そんなことをすれば、王子さま、目がみえなくなってしまいます」

王子は優しくツバメに話しかけます。「ツバメよツバメ、ちいさき僕しもべ」。「わが命めいを受けておくれ」

ツバメは王子のもうひとつの目をくりぬき、広場めがけて一直線に急降下。マッチ売りの少女のかたわらを目にも止まらぬ速さでスーッと過ぎるや、宝石を女の子の掌てのひらに魔法のようにすべり落としました。「なんてきれいなガラス玉!」少女は大喜び。キャッキャッとわらって、家路を急ぎます

ツバメが王子のところに戻ってきました。「王子さまは目が見えなくなってしまわれた。かくなるうえは、ずっと私がおそばにお仕えします」

「いや、それはいけない」と王子。「そなたは埃及エジプトへ参らねば」。「いいえ、ずっと私がおそばにお仕えします」。そう言って、ツバメは王子の足元で眠りました。翌日は日がな一日、ツバメは王子の肩にとまり、異郷で見聞した話をお聞かせ申上げます

関連記事

  1. The Happy Prince(7)

  2. The Selfish Giant(1)

  3. The Happy Prince(21)

  4. The Happy Prince(6)

  5. The Nightingale and the Rose(14)

  6. The Nightingale and the Rose(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー