The Nightingale and the Rose(1)

「赤い薔薇ばらを持って来て下さったら、よろこんで一緒にダンスをあなたと踊りますわ、とあの人は言ってくれた」と、若き学生は快哉かいさいをさけんだ。「しかし、ぼくの庭には、どこを探して回っても、赤いバラなんて、見つからない!」 柊樫ひいらぎかしの樹洞うろに巣をはっているナイチンゲールは、学生の声を耳にするや、葉っぱのあいだから辺りの様子をうかがいつつ、どうしたのかしらと話のつづきを知りたくなりました

holm-oak. 葉のかたちが柊ひいらぎhollyに似た樫かしのこと。holmはhollyの古語。常緑樹。小鳥が住むには格好の樹洞うろをたくさん作る

nightingale. 鳥のことには一切興味のない英国人でも、ナイチンゲールだけは知っている、恋の鳥。夜に鳴く。『ロミオとジュリエット』の中でも重要な台詞の一部に出てくることで有名(「泣いているのはヒバリではなくて、ナイチンゲールよ」)。ナイチンゲールといえば、夜と、男女の恋が、ロマンチックにセットになっている。これは、せまく文学だけの話ではなく、ごく大衆的な常識。アニタ・オデイの『バークリースクエアのナイチンゲール』は、大ヒットしたジャズのスタンダードナンバーである

関連記事

  1. The Nightingale and the Rose(8)

  2. The Happy Prince(14)

  3. The Happy Prince(5)

  4. The Selfish Giant(3)

  5. レオ・レオーニ(2)

  6. ナイチンゲールと薔薇(全)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー