The Happy Prince(21)

「私の行き先は、埃及エジプトではありません」。ツバメが最期の言葉をつたえます。「私の行き先は、死の住まう家。死は、安らかなまどろみの、血をわけた只ひとりの兄と聞いています。そうですよね?」

ツバメは王子の唇に口づけをすると、その足元に落ちて死にました

ツバメの死んだ正にその刹那せつな、あたかも何か物が壊れたような、奇妙な胸騒ぎのする音が、彫像のなかに響いたことでした。鉛の心臓が真っぷたつに割れたのです。その夜は、じつに言い表しようのない位、霜の凍り付くひどい夜でございました

翌早朝、王子の見下ろす広場に、知事が都議会議員をぞろぞろひきつれて、姿をみせました。石柱の傍を過ぎるとき、空を見上げた知事は彫像の異変に気づいて言いました。「おやおや、無憂の王子がなんとまあ、みすぼらしいザマになっているではないか」

「じつにみすぼらしいザマだ」。都議会議員も口をそろえます。これらの人びとは、知事の幇間たいこもちです。近づいてきて、やはり知事と同じように彫像を見上げます

Death is the brother of Sleep. 漫然と「兄弟」と訳している人が多い中、「兄」とひとりに限定している訳者があって、これが正しい。「私にとって、死とは、安らぎの子守唄である」と名曲『レクイエム』を書いたガブリエル・フォーレの言葉も、関連して、思い出されます

 

関連記事

  1. レオ・レオーニ(1)

  2. The Happy Prince(20)

  3. The Happy Prince(16)

  4. The Happy Prince(7)

  5. レオ・レオーニ(3)

  6. 無憂の王子(全:後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー