The Nightingale and the Rose(4)

「楽人がくじんたちが持場もちばの席にすわり」と若き学生の独白どくはくはつづきます。「弦のしらべを奏でだすと、あの人は、ハープとヴァイオリンの妙なる音に合せてダンスをするのさ。そのダンスときたら、とっても軽快でね、足は床にはつかない程なのだ。華やかな衣装をまとう廷臣たちがむらがってきて、あの人をたちまちとりかこんでしまう。だから僕とは踊ってはくれないよ、あの人は。だって、僕には、彼女に渡すべきはずの赤い薔薇がないのだから」。学生は草むらに身をなげて横たわり、両手に顔をうずめています。さめざめと泣いているのです

「なぜって、この男は泣いてるんだい?」 尻尾を立てて、学生の傍を走り抜けてきた、みどりのちびすけトカゲが訊きました。「そうね、なぜかしら?」とお日様のひかりをおいかけて、ふわりふわり、辺りを飛んでいる蝶々も、疑問を口に出しました。「そうね、なぜかしら?」ひなぎくも、おとなりさんに、こそこそ、低いやわらかな声でささやきあっています。そこにナイチンゲールが「赤い薔薇がないと仰って、泣いているのだわ」と答を言いました

「え、そんなことで?」 みんな声をそろえて呆れました。「こいつあ、とんだ大馬鹿野郎だぜ」とちびすけトカゲ。冷笑家の気味あるトカゲは、遠慮会釈なく呵々大笑

he flung himself down on the grass and wept. 絵本の世界では「泣く姿勢」というものがある! んです。(笑) これは『星の王子様』を先に読んでいたから、できた「発見」なのですが、The Little Prince も、草むらに身を投げ出してさめざめと泣くシーンがあって(第21章末尾)、ふたつは奇妙な合致をしめしています

daisy. ひなぎくと聞くと、自然思い出されてくるのが、daisy-chainをつくるのも、なんだかめんどうくさいわと思う、午後の物憂さから始まる『不思議の国のアリス』の冒頭。すると、ピンクの目をした白ウサギが走って来て、アリスの「冒険」がはじまるわけですが…

 

関連記事

  1. アダム・スミスの言葉

  2. The Nightingale and the Rose(14)

  3. The Nightingale and the Rose(6)

  4. The Happy Prince(14)

  5. The Happy Prince(16)

  6. こどもと読書(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー