The Nightingale and the Rose(9)

学生は草むらから顔をあげてナイチンゲールのなき声に耳をすませましたが、ナイチンゲールのつたえたいことは何一つわかりませんでした。この青年には、書物に書いてあることがこの世のすべてであったからです

しかし柊樫ヒイラギカシには伝わりました。樫の木は、泣きたい気分になりました。というのも自分の木に巣をはってくれたこの可憐なナイチンゲールを愛していたからです。「最後にひとつ、歌を、わしに歌っておくれ」。樫の木はナイチンゲールにたのみます。「おまえさんがいなくなると、わしはほんとうにさみしいよ」。ナイチンゲールは樫の木のために歌います。その歌は、銀の水指からこぼれる水のあわの音のごとく清冽でした

ナイチンゲールが歌い了えると学生はたちあがり、隠しからノートと鉛筆を取り出しました。「型フォルムというものはある」。そうつぶやきながら木立を通り過ぎていくのでした「それは疑いない。しかし感情は? ないね」

She has form. このフォルムとはどういう意味か? これがわからない。原文がシンプルなだけに原文じたいに曖昧さがあるのはcannot be denied to it. (笑)逐語訳が珍妙でわらえる。「あの鳥には形がある。それはあの鳥にも否定できまい」(西村孝次訳)。そんなこと当り前やろ~。「あの鳥には形体がある。それはあの鳥にも否定できないだろう」(富士川義之訳)。富士川は、『無憂の王子』で「寝床の用意(preparations)はできてるかな」というツバメの台詞を「この町にいろんな施設があるといいんだがな」と訳した位の人なので、「形体」などというきみょうな訳語をもちだすくらいは朝飯前である。歌唱のスタイル、「型」くらいの意味で私はとった。それ以上はわからぬ

 

 

関連記事

  1. 無憂の王子(全:前編)

  2. The Happy Prince(14)

  3. The Nightingale and the Rose(4)

  4. The Happy Prince(1)

  5. The Happy Prince(8)

  6. The Nightingale and the Rose(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー