The Happy Prince(9)

「ツバメよツバメ、ちいさき僕しもべ」。王子がツバメによびかけます。「一夜ひとよでよい、ここにとどまり、私の使者となってはくれぬか。幼子おさなごは水に飢かつえ、あわれな母親は絶望しているのだ」

「男の子は好きではないんでしてね…」とツバメ。「去年の夏でしたよ。川辺に私がやすらいでいますと、ふたり、しつけの悪いくそガキがいるんですな。粉ひきの息子ですよ。これがいつも私をねらって、私をみつけてはきまって石をなげてくるんです。当たりゃしません、当然ですがね。ツバメさまがそんなものに当たっちゃ、名折れもいいとこだ。まあ、言いますがね、敏捷なことにかけては、私はこれでも恥ずかしくない一門の出なんですよ。しかし、まあ、ガキどものやることには、われわれに払うべき敬意、というものがカケラもありませんわな」

無憂の王子はとても悲しげな表情をお見せになるので、ツバメは、申しわけない気持になるのだった。「当地の寒さと来たら、本当に凍えちまう」とツバメ。「しかし、まあ、わかりましたよ、今夜一夜ひとよ、あなたの使者としてお仕えしましょう」。「感謝する。わが僕しもべ」。王子は莞爾かんじとしました

ツバメは王子の剣からルビーの大玉をとりだすや、嘴くちばしに咥くわえて、都まちの家並の屋根という屋根をスイスイ飛び越えていきました

 

 

 

 

関連記事

  1. こどもと読書(1)

  2. The Selfish Giant(4)

  3. レオ・レオーニ(4)

  4. The Happy Prince(8)

  5. The Selfish Giant(2)

  6. The Nightingale and the Rose(14)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー