The Nightingale and the Rose(13)

ナイチンゲールの声は、かぼそくなっていきます。翼はピクピクと、脈うつようになり、目には死のおとづれを告げる薄い被膜が下りてきました。ナイチンゲールの歌う愛の賛歌は、殆ど聞き取れないほどかぼそくなって、こみあげてくる胸のつかえを吐き出した時、それが最期の絶唱となりました

おわりまでナイチンゲールの歌を聴いていた月は、夜明けが来たのもわすれて、空にすっかり長居してしまいました。歌を聴いていたのは赤い薔薇もです。陶酔した赤い薔薇は全身をふるわせて、徐々にひらく花びらを、朝の冷たい空気に曝さらしていきました

ひびきわたる愛の木霊こだまは、夜明けの紫にそまる丘の洞窟にまで届くや、ねむる羊飼をまどろみから覚まします。こだまは川に繁茂する葦よしをそよがせ、葦のそよぎは愛の福音を海へとはこんでいきました

「ごらん、あれを」と薔薇の木がナイチンゲールによびかけます。「赤い薔薇がついに出来あがったよ」と。しかし、ナイチンゲールの返事はありません。棘で胸をさしぬいたナイチンゲールは草むらの底に絶命していたからです

ひるになり、学生は窓を開けて庭を見ました

and her little wings began to beat, and a film came over her eyes. 逐語訳者たちは「羽ばたきはじめ」とか「目がかすんできた」とか、ぬるい言葉にしているが、どうなのかねえ。ワイルドは西洋人だから、リアルな描写をしているのだと思うよ。人も死ぬまぎわには目にfilmが下りてくるしね

 

関連記事

  1. The Happy Prince(1)

  2. The Nightingale and the Rose(2)

  3. The Happy Prince(4)

  4. The Nightingale and the Rose(14)

  5. The Happy Prince(19)

  6. レオ・レオーニ(3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー