The Nightingale and the Rose(12)

しかし、棘とげの先は心臓に届いてはまだおりませんから、薔薇の芯は白いままです。ナイチンゲールの心臓を流れる鮮血でなければ、薔薇の芯は深紅に染まりません

しかし、薔薇の木は、もっとからだを棘に押しこめと、おそろしい声で、ナイチンゲールに命令します。「もっとからだ全体を棘に押し込むのだ。さもないと、赤い薔薇の完成を見ないうちに、日が昇りきってしまうぞ」

ナイチンゲールは、言われた通り、からだを棘に押し込みました。棘の先端が心臓にふれるや、燃えつくような痛みがナイチンゲールのからだをギュンと射抜きました。灼熱の責苦に喘あえぐナイチンゲールの歌は阿鼻叫喚の絶頂に達しました。今や、ナイチンゲールの歌う愛の歌は、死によって完成を遂げる愛、霊廟の中でも生き続ける愛の歌なのです

世にもうつくしい薔薇は、日の昇る東の空に咲く薔薇のごとく、真紅にそまりました。花芯を取巻き覆う花びらの紅きこと、又、花芯の赤はルビーのような深い色味を湛えています

Love that is perfected by Death, of the Love that dies not in the tomb. 具体的には『ロメオとジュリエット』のふたりが遂げた愛のすがたを指すのだろう。この物語では、ナイチンゲールが学生にたいして示した愛の自己犠牲がこれに該あたろう

関連記事

  1. The Happy Prince(2)

  2. The Nightingale and the Rose(14)

  3. The Nightingale and the Rose(4)

  4. The Happy Prince(14)

  5. The Happy Prince(16)

  6. The Nightingale and the Rose(10)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー