青空

まだ日が暮れないうちに家路につく、というのは、健康にいいのだなと知りました。

昨年10月に火曜日の午後再診をやめてから、私のからだは、とってもラクになりました。

どうやら、それまで相当疲れていたようなんですね。

くれゆく空をながめながら家路につけるのがこれほど「幸福」とは、と感激したことです。

11月、12月を過ぎ、1月になってようやく「余力」がたまってきたようで、今では昨年暮れほど日日に感じた「感激」はだいぶ薄らいできましたが、夕方の帰路はいつも、二村定一(ふたむら・ていいち)の歌声が私の脳裡に響いております。

青空

夕ぐれに仰ぎみる かがやく青空

日くれてたどるは わが家の細道

狭いながらも 楽しいわが家

愛の日影のさすところ

たのしい家こそ わたしのあおぞら

私のすきな蠟梅(木島櫻谷邸)

 

関連記事

  1. 雨の日はダウラント

  2. 春の歌

  3. 梅は咲いたか、桜はまだかいナ

  4. Embraceable You

  5. 昭和歌謡曲厳選(1)

  6. 世界の果てまで連れてって

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー