梅は咲いたか、桜はまだかいナ

The Look of Love.

バート・バカラックの名曲です。ダスティ・スプリングフィールドのささやくような声で始まり、少しづつ、音量が盛り上がり、再び静かに終る展開がすきです。

東京スカパラダイスオーケストラの演奏も、消音器をつけたトランペットで始まる、すばらしい演奏です。

たいせつなことは、小さな声でしか、語れない。

そんなメッセージがこの曲にはふくまれているような気がします。

聯想で思い出した、友人から聞いた古い話に、塾講師の採用試験で模擬授業があり、勉強のポイントを示す段で、声を低めた講師があったそうです。なぜそうしたのか、採用面接を担当していた私の友人は、その講師に訊ねたのですが、「わからない」という返事でした。面接官は、友人をふくめ三人あったそうですが、全員、その講師を採用と判断したそうです。

理由は、面接官全員が、話をよく聞こうと、耳をそばだてたからです。

大きな声というものは、全員に届きそうで、じつは、流れ去っていくだけです。選挙演説カーの絶叫がその最たるものでしょう。

恋をささやくような小さな声だけがひとの心に届く。

そんな詩のような言葉にこそ、真実は宿るものなのですね。

この話には、もうひとつ、人の才能ということについて教えるところがあると思っています。この話を聞いて、たいせつなことを話すときには声を低めようと、テクニックを学ぶ人に、才能はないということです。才能というものは、誰に教えてもらうというのでなく、自然にできてしまう人のことを指すのだと。

「わからない」ことにこそ、命が宿っているとも言えそうです。

さて、梅は咲いたか、桜はまだかいナ

明日から三月。春の訪れの喜びよ。

薬師如来と色とりどりのスイートピー。スイートピーの香がたまらなくよいです。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. レクイエム

  2. 雨の日はダウラント

  3. 春の歌

  4. 世界の果てまで連れてって

  5. ジャネット・ザイデル

  6. Smile

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー