雨の日はダウラント

雨をみつめるモンステラ

秋の長雨。

と、しみじみしていたら、台風だったんですね。

患者さんに「センセイ、台風が来ているんですよ」と教えられるまで、今年の秋は、ほんとうに、秋らしい秋だなアと単純によろこんでいました。

雨の日は、おのづと、こころも静まりますが、こんな日にぴったりなのが、ダウラント(John Dowland, 1563-1626)のリュートの調べ。

物哀しくも気品ある、英国中世の空気がよみがえります。

スティングも、ダウラントを歌っています。

 

関連記事

  1. きもの de 彩(いろどり)コンサート

  2. 梅は咲いたか、桜はまだかいナ

  3. エマ・カークビーの歌ごえ

  4. 雨の日はブラームス

  5. ジャネット・ザイデル2

  6. 世界の果てまで連れてって

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー