Swarovski et Baccarat

今年も余すところ、ひと月とはなりぬ。

十月にはつかれをり。

十一月に入りやうやう心地もよくなりぬれば、しはすの飾りをせむとおもひ、昨日は四条通なるいきつけの「る・のうぶる」に赴き、「すわろふすき」および「ばから」のびいどろ製を求めたりき。

「すわろふすき」の「くりすます・あいてむ」は年ごとに少しづつ集めたれば、今年ははや八体にもなれり。いづれも皆いと愛らし。

大サンタ、小サンタ、樅ノ木、くまちゃんふたり、雪だるま、トナカイ2頭。奥にあるのは母娘猫。香水は手前がシャネルの5番。奥がゲランの「夜間飛行」。

また、来年は寅どしなれば、昨年も購ひし「ばから」にて虎を需む。

「ふぉと」に写したるが、ぞんがい勇ましく見えて、いと頼もし。

ゆく年の、丑とそろへて、かざりたり。

古帛紗は徳齋製「蜀巴虎渓四君子文」。周囲に竹と梅。虎が咥へる蘭と菊。

花はポインセチア(SWAROVSKI)。

関連記事

  1. 夏も過ぎ…

  2. 木槿

  3. ちいさな世界

  4. わが仏、尊し

  5. 座ってみたい椅子

  6. 厳寒のみぎり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー