石水博物館

GWの5月3日。

昨年は島根県にある、庭園美をほこる足立美術館をたずねてみましたが、今年のこの日は、三重県津市にある、石水(せきすい)博物館へ。

Sekisui Museum

百五銀行第6代頭取の川喜多久太夫政令(1878-1963。号、半泥子)が、昭和5年に創った「石水会館」を前身とする博物館。

半泥子(はんでいし)は、木綿問屋として、江戸大伝馬町に大店を構えた伊勢の豪商、川喜多家の第16代目。半泥子の代にはすでに金融業(百五銀行)に商いの主軸を移しており、財界人として重きをなすいっぽう、半泥子は、ひとことでいえば「文人」として、多くの交友と、多彩な趣味生活を送った人でした。

書。画。俳句。写真。建築。造庭。茶の湯。そして、焼きもの。

写真をみても、手の大きな人だったようで、それに合わせて、つくる茶碗も、なんと、おおぶりなこと! 茶碗に見合った一服を点てるには、いったい、どれだけの分量の抹茶をすくわないといけないのだろうと、可笑しな想像を誘ったことでした。

また、折々に、訪ねてみたい美術館です。

 

 

 

関連記事

  1. 弘前へ

  2. 文人をたづねて 2

  3. 奥入瀬へ

  4. 秋の味覚

  5. 朝田寺

  6. 日本の中の中華文明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2019.08.09

    れもん水
  2. 2019.08.01

    美的官能療法
  3. 2019.08.01

    ライブラリ
  4. 2019.08.01

    ふくやまへ

カテゴリー