料理教室(2)

きょうは、ローストビーフのつくりかた。

ローストビーフって、「料理」と呼べるほどの料理なのか、とも思いますが…。

だけど、そもそも、牛肉って、むつかしいんですよね。

なにが? って、「美味しい」牛肉を手に入れること自体が、ですね。難しい。だから意外と難度の高い「料理」なのかもしれないと思うわけです。

私は、八百一さんに入っている、「いづつ屋」さんを絶対の贔屓にしています。ここで「赤身(ランプ、マルシン)」「イチボ」「ミスジ」「ハネシタ」を選べば、間違いがないと思っています。基準は子どもの時分から覚えている自分の舌ですね。それがまづいというなら間違いで、旨いといえば正解です。ローストビーフにするからといえば、角形に切ってくれます。とりあえず、500グラムで切ってもらいましょう。

あ、いづつ屋特製の「ローストビーフのたれ」というのも忘れずに買いましょう。5袋セットになっているものが最近用意されてあります。

帰宅しましたら、牛肉の塊を半分に切ります。そしておもむろに、強火であっためたフライパンで六面をシッカリ焼きます。それだけ。塩コショウはふらなくていいです。不要。フライパンにでた油はキッチンペーパーでふき取って、最後に日本酒少量を振りかけ、「ジュワ~」とやらかせば出来上がり。

お皿にふたつ牛肉の塊を取り分けます。

たれですが、2袋カップにあけて、そこににんにくとショウガのおろしをくわえて混ぜます。するとトロってします。それを牛肉の上にふりかけて、さらに2袋程あけてお皿にかけますと丁度よい塩梅になると思います。

あとはフォークとナイフできりわけて食べるだけ。

レアステーキという方が正解なのかもしれませんが、料理の名前はどうでも、「う~ん」と唸るおいしさです。

ひとりだと、これで2,3日は保ちます。1,2ヶ月に1度のごちそう、というところデス。

つけあわせのサラダは、インゲン豆の茹でたのを刻んで混ぜたマッシュ・ド・ポテトなんか、いかがですかね。

 

 

 

関連記事

  1. なんとすばらしい

  2. 鯖寿司なら祇園いづう

  3. 竹茂楼

  4. 料理教室(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー