レクイエム

フォーレといえば、レクイエム。

演奏にもいろいろありますが、1972年のミシェル・コルボ指揮の演奏は、他のどの演奏にもない、感動があります。

アラン・クレマンのボーイ・ソプラノが、私にとっては、好ましい声で、たとえようがありません。

きのうから冷え込んで、すっかり冬に。

しんしんとさむい冬のよるおそく、このフォーレのレクイエムをしずかに聴いていると、なんともいえない安らぎに浸ることができると思います。

 

関連記事

  1. ジャネット・ザイデル

  2. 春の歌

  3. ジャネット・ザイデル2

  4. ジャネット・ザイデル3

  5. 世界の果てまで連れてって

  6. エマ・カークビーの歌ごえ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー