魅惑の官能

俗世の粉塵にまみれて生きていると、出会うこと愉快なことばかりとは限りませぬ。

そういうものにまじめに向き合って喧嘩してみても、野暮の骨頂、みのりのないことは知れています。

人生で残された時のみじかさを思えば、憂さをわすれて、官能の歓びに身をゆだねるのが一番と知れましょう。

兵法にちなんで、三十六計逃げるに如かず、といいます。

要は、…負けるが勝ち。(笑)

味覚の官能ということでいえば、三月のはじめにおとづれた、岡崎にひっそりと隠れ家のようにしてある京、静華さんの杏仁豆腐がわすれられません。

「ああ、これがほんものの杏仁豆腐なんだな」という気がしました。うつくしき女性(にょしょう)と口づけをかわしているような、ためいきがこぼれおちるのを押しとどめえない、そんななめらかさがありました。

「はああ~」

この蕩(とろ)けるようなためいきが官能の基本。

この世の憂さをわすれるのに最適の飲み物といえば、シャンパンでしょうね。

華やかなること、この上なし。

キンキンに冷えたグラスの一杯を、ひと息にぐっと呷(あお)れば、やがて陶然としてしまいます。

「はああ~」

かの幕末の黒船来航時、アメリカの饗応でシャンパンを出してもらった幕府の役人連中は、世の中にこんな美味なる酒があるのかと目を丸くして、驚嘆した由。帰りにはお土産にくれとねだったとか。

美酒を味わうには、グラスを選びます。私の好みはなんといっても、ロブマイヤー。パトリシアン(1920年)も、アンバサダー(1925年)もたいそう優美なデザインで大好きですが、一等すきなのが、ちっちゃなロータス(1856年)シリーズ。ロブマイヤーの歴史はここから始まった、といってもいいシリーズです。

取扱は、このロータスが最も神経を使います。とっても薄くて、繊細でこわれやすいからです。しかしだからこそ美的工芸品というのにふさわしい気がします。愛惜の念が自然にわいて出て、「物をたいせつにしよう」という精神を涵養するには一番のグラスかなと思います。

私はふだんはたいていビールを飲んでいます。キリンの一番搾りに、台湾産のシークアーサー果汁をまぜるビールカクテルが、私には何よりの魅惑の官能です。

もうすぐ夕食。さっそく、一杯やるとしますかね。

春の宵 煌めく酒泡や ロブマイエル  明以

 

 

関連記事

  1. コニャックな夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2019.07.10

    ヌメロサンク
  2. 2019.07.09

    京都の七月
  3. 2019.07.01

    今日から七月
  4. 2019.06.29

    海とサクラ

カテゴリー