絵は縁のもの

北浩二「クリスタルの燭台とスープポット」(2019年)

どうです。…うつくしいでしょう?

絵は縁のものですが、ひとめぼれしてしまいました。他の作品には目移りさせない気品がありました。

しかし、ひとめ惚れには気をつけなければなりません。

気まぐれですぐに飽きちゃうということもありますから。

だから、ずっと好きになれそうか。買わないとあとで後悔することにならないか。いろいろ迷ってから買います。

診療所では2枚目の静物画。「青い部屋」にも予想通り、馴染んでいます。

おとうさん、だいじょうぶ?

お金はだいじだから、むだ遣いして、破産しちゃダメですよと息子がしんぱいしてくれました。

なあに、いづれお前のものになるんだから、お前のしんぱいすることじゃない。

それよりももっと大切なことを、お父さんが今からお前に言うからな。

日本人が西洋に学んで未だ学びきれていないもの。

日本の家屋に今も昔もずっと欠落しているもの。

それが絵なんだよと父が子に伝えても、息子はふ~んと理解したのだかしていないのだかわからない返事をしましたが、今はこの青い部屋が息子のいちばんのお気に入りです。

 

関連記事

  1. 白いクロスの苺

  2. れもん水

  3. 京都アートフリーマーケット

  4. 木梨憲武展

  5. 銀河に夢を

  6. 海とサクラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー