料理教室(1)

受験もおわって…

息子と料理教室。

「口先だけの男になるな」

これが本日の教え。

いますよねえ、口は達者だけど、じゃあ、やってみてごらんというと、からきしできない人。手も動かして、なんでも実際にやってみる。人生、経験がだいじです。

料理って、そういうことをおのづと教えてくれると思うんです。手始めにカレーライスを作るぞ。息子「お~」

まづはダシを。①スジ肉を買ってきて。まづはサッと茹でて、アクを出します。

最初の茹で汁はアクもろともぜんぶ捨てて、②もう一度水を張り直してスジ肉をコトコト茹で直し。この時にニンニク1, 2個も一緒に茹でます。ニンニク玉がやわらかくなったら茹で終り。息子「きれいな出汁ができました」

息子「ボク、スジ肉はチョット…」 小医「旨いけどな~」

ゆであがったスジ肉だけ取り出して、容器に保存。(あとで、他の料理に使います)

これでダシの一部が完成。これに京都錦市場のうどん屋「富美屋」のダシを足して完成。ここらへんは手間を端折っています。息子「男の料理だから、ま、いいか」

③玉ねぎ、にんじん、ジャガイモの処理をします。息子はまだ包丁づかいが不器用ですが、全部やらせます。息子「なかなか大変ですネ」

野菜をダシに投入してコトコト茹で始めます。

次はお肉の出番。息子「待ってました!」

カレーは関西だと絶対「牛」という感じですが、関東では「豚」なんだよね。息子「えっ!!」

牛肉は、「赤身に本気!!」のいづつ屋を贔屓にしています。ハネシタの部位を使うと最高のビーフカレーができます。ほれ、サイコロ状に切って見なさい、とぎこちない手つきの息子に包丁の力の入れ方を教えます。息子「おお~!」 こういう体で覚えることって、だいじ。頭だけじゃだめ。息子「ハイッ!」

④六面をまんべんなく焼いて、これをお鍋に投入、あとはルーを入れてしばし待つだけ。簡単だろ? こんなのバカでもできるんだから、私の得意料理はカレーとかいう女とは、結婚しちゃだめだぞ。息子「…」

ん~、いい匂い! じゃあ、いただきま~す!!

 

 

 

関連記事

  1. 竹茂楼

  2. 料理教室(2)

  3. 鯖寿司なら祇園いづう

  4. なんとすばらしい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2021.04.02

    Smile
  2. 2021.04.01

    春帽子
  3. 2021.03.29

    花はさかりに

カテゴリー