手にしっくり

懲りずにだいすきな水仙をあたらしい花器に生けてみました。

片山亜紀さんの器は、手にしっくりくるんですね。

明倫小学校で開催されていた第5回藝文京展でみごと大賞を受賞された作品は、茶杓。

香合や茶入をも作ってらっしゃるところからも、手に持ったときの感触をだいじになさっておいでなのだと思います。

昂 KOU KYOTOさんでちいさいのとおおきいのと2つ花器を購いました。写真のはちいさいもの。しかし白の色合いといい、掌にもったときの感触や重さ加減といい、最高ですね。

大きいものは、お正月におひろめします。

水仙や古鏡の如く花をかかぐ   松本たかし

 

関連記事

  1. はや六月とはなりぬ

  2. 優雅なひととき

  3. 実地美術教育

  4. スナ・フジタ

  5. グッテ・エリクセン

  6. オンシジウムをひと枝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー