京娘、撮り直し

この4月にデビューをはたしたわが診療所の看板娘ですが、撮り直して欲しいわ、ゆうのです。

ハテ、理由は? と尋ねますと、ウチは美人やから後の衝立も牡丹やのに、このまえの写真では花瓶の花が悪すぎる、カーネーションではあんまりや、急いで撮ってくれはったのはウチもうれしいのやけれども、なんやミスマッチやないやろか、なんでも物には「格」というもんがあるんやさかいに、ちゃんと季節の芍薬と合わせとぉくれやす、というのですね。

へえ、なるほど、それはごもっともやと思いまして、大輪の芍薬を用意しました。

姐さん、これでいかがでしょう?

「へえ。これであんじょう良うおます。おおきに」

 

 

関連記事

  1. 山わらふ

  2. シクラメン

  3. グッテ・エリクセン

  4. 秋の庭木

  5. 本草学

  6. 萩の露

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー