京の通り名

まるたけえびすにおしおいけ~

京都の東西を結ぶ通りを、丸太町通から始めて、竹屋町通、夷川通と、しもに下っていく唄。

診療所まで、私は、毎朝、二条通、押小路通、御池通とくだっていきます。

あねさんろっかくたこにしき~

姉小路通と三条通のあいだ、烏丸通東で、この通り名の唄を、じっさいに聴くことができます。それがこの機械!

7回まわすのだ! しかし、なぜに7回?

7回まわして、赤ボタンを押せば、唄が流れてくるしくみ。

「とどめさす!」…京都人って、怖い。(笑)

六角通をくだれば、或は四条通からのぼって錦小路通をすぎれば、そこが、わが診療所の面する通り、蛸薬師通! です。

烏丸通からは、東にはいってくださいね。

(後記)

通り唄は、つぎのものの方がおもしろい。

ぼんさん頭は、丸太町

つるっとすべって、竹屋町

水の流れは、夷川

二条で買うた生薬(きぐすり)を。

タダでやるのは押小路

御池で出会おた姉三に。

銭もろて買うて。

で落としてかられて。

まったけど々と

が知れとる(ま)どしとこ。

「まどす」…弁償する意の京言葉。ちなみに、いまも二条通には漢方薬卸の店がいくつもある。

関連記事

  1. 四畳半

  2. 初夏の八瀬

  3. 柳桜のうつくしき…

  4. 都をどり

  5. 日本の中の中華文明

  6. 蛸薬師通

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

所長ブログ(最近の記事)

カテゴリー