A Happy New Year!

A Happy New Year!

2024年がはじまりましたね

このふゆはおそろしい位の暖冬で、ちっとも冬の感じのしない、ふしぎな冬ですが、暦のうえでは早や新春。「所長ブログ」も長らく更新もせず、放置していたのですが(わが失敗だらけの人生に詠嘆しておったのです…)、「センセイ、何か書いて下さいよ」という患者さんからの声がポチポチ、診察室内から上がってきていますので、書きます!

昨年の暮はねえ、なんか「センセイのおかげです」とか「ほんとうにお世話になってます」とか患者さんの声を聞くことが多くって、私の「空耳そらみみ」かと疑うくらいでしたが、いただきものまで頂くとなると、けっして、ゆめの話ではなく

ほかに、以前にきてくださった患者さんからの「おススメ」でとか。…なんか単にスマホを検索して決めたというわけではなさそうだな、という方は、最初から弊院を信用しているその雰囲気から、これは紹介してもらったのだナと、ピンと来る場合があるのです(後で確かめて、ビンゴ! 受付もビックリ!)

…しかし、これもここで開業してすでに七年も経ったせいもあるのでしょうね。だって、患者さんの精神衛生って、「薬」でもっているというより、「通院の糧かて」によって、齎もたらされているという感が否いなめないからです。ご信頼いただいた上での賜物たまもの

七年の功徳くどくって、あるのねえ

『星の王子様』は「大切な物は目にみえない(Anything essential is invisible to the eyes.)」というのですが、これは単に絵本のメルヘンではなく、ほんとうのことだと思います。「こころの目でみる」。そうしないと見えないものはいっぱいある。これを自信をもって小医は言えるようになりました。(泪) これもひとえに患者さんみなさんのおかげと信じています。(泪。さいきん、なみだもろくてねえ)

せっかくのご縁ですから、本年もまたよろしくお願いいたします

令和6年1月4日

所長 利川 嘉明 拝

ちなみに平成29年5月1日から令和5年12月27日までの弊院の受診者数は5420人に達しました。私が至らないために、ご不満や怒りを感じた方もさぞかし、おおかったことでしょう。…スイマセン。しかし、思えば、この七年で私の診療技倆も、ずいぶんと上がったとは思います。ひとの「つらさ」を理解する巾はばをすこしづつ、すこしづつ、ひろげてきた七年間だったと思います。

写真奥、サンテグジュペリと恋人。手前、昨年干支の置物(リヤドロのウサギ)。横、本年干支の置物(ウェッジウッド、龍村美術織物)。右、PONTEのガラス水指に紫菊(龍は水辺を好むため)。田中彌で気に入って求めた親子龍香合(敷物は龍村美術織物)

 

関連記事

  1. Start new days wearing Kimono

  2. 謹賀新年

  3. 謹賀新年

  4. 松の内

  5. うちにええ人ができたんやわ

  6. お正月きぶん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

カテゴリー