蟬はひぐらし、八瀬すずし

暑い日々が続いておりますが、時に、秋を感じるひと時も。

まちなかの烏丸御池では、クマゼミが鳴きどおし。

こいつの鳴き声は、シャーシャーと、正にnoiseとしか思えない鳴き声で、風情というものが、まるでありません。

一方、八瀬の小宅近辺で主に鳴くのは、蜩(ひぐらし)で、陽のひかりが少し弱ってきた夕刻4時ごろに聴く、その響きは、正に、山中の涼。

図体のでかいクマゼミと比べて、蜩のつくりが華奢なのも、ゆかしさを増します。

縁側の網戸に迷ってきた蜩。翠色が美しい。

その昔、清少納言は、七五調に、日本の四季を簡潔にまとめました。

春はあけぼの、夏は月。秋は夕ぐれ、冬は雪。

これにならって、言いましょう。

蟬はひぐらし、八瀬すずし、と。

 

 

関連記事

  1. おはようございます

  2. 秋冷の候

  3. セミはひぐらし

  4. 颱風一過

  5. 台風一過

  6. 八瀬は雪国

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2020.05.15

    おおきに
  2. 2020.05.09

    ぜいたく
  3. 2020.05.08

    風かをる

カテゴリー