秋の庭木

2年前のブログ(「萩の蝶」)で紹介した萩の鉢植は、今も等持院のわが庭で健在です。むくげと同様、昨年は診療所の炎暑に焼かれ、かわいそうなことをしましたが、ことしは可憐な花をちゃんとつけてくれました。

われながら不思議だなあと思っていることですが、通勤の朝、京のまちなかを歩いているときも、なにかあると、木々の花々に目がすぐに移って行ってしまいます。

ほんとうにこの点、私は変ってしまいました。

場合によっては、枝葉にさわって、「おはよう」と木々や花々に挨拶までしています。

朝は金木犀のよい香りが漂うようになりました。

むくげは、とうとうおしまい。

また来年。

明日からは、とうとう十月ですね。

 

 

関連記事

  1. 路傍の桔梗

  2. 季節はずれの鉄砲百合

  3. 六月のゆううつ

  4. お花

  5. グッテ・エリクセン

  6. 診療所の四季

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

所長ブログ(最近の記事)

カテゴリー