私の足の向う先(1)

俵診療所。柳馬場通錦小路上ル(蛸薬師通下ル)

これからしばらく、「私の足の向う先」と題して、何回かシリーズものを書きます。

月に1回、お薬を頂きに、小医の出向く先が、小医も末席をよごしております中京東部医師会の現会長さんであられる俵医院さんです。西村医院さんや高橋眼科さんと同じ、弊院とは、蛸薬師通つながりの位置にあります。

医院は、風格ある京町屋の建物。

待合室は清潔な畳敷きで、趣味ある本も多く(奥さんがお茶を嗜んでおいでです)、ほっこりします。

先生、奥さんともお優しい方で、毎度癒されております。通うたび、小医も精神科医はもう廃しにして、ふつうの内科医に今からでも戻りたいなあ、という気持がしみじみわいてきます。

木板の看板が、なんとも言えません。

「いや、ダメですよ、先生。先生には、認知症のご老人の介護認定をする行政のお仕事などが、来年からは待っていますからね」と、「ご公務」を先日言い渡されてしまいましたが…。

なにごとも、世のため、人のため。

医者は、いかに開業医であろうと、なんだかんだ、お役目として、おおやけにお仕えする公務員のようなところがありますから、御奉公を致さねばなりませぬ。

小医も本日で満五十三になりました。

秋空(二句)

秋ぞらや 仰ぐ幼な子 われも又  

秋ぞらや 仰ぎて憶ふ 幼き日  明以

 

 

 

 

関連記事

  1. 田中彌さん

  2. 岩倉ぶらり散歩

  3. 鮒定!

  4. 修伯にて

  5. 目には青葉

  6. ヨキ風ノ吹ク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2019.09.30

    秋の庭木
  2. 2019.09.18

    3000人
  3. 2019.09.01

    はや九月

カテゴリー