碧空

73年前のこの日も、空は青く晴れていたそうです。

敗戦のこの日、かなしみをかたる人は今なお多いのですが、日本が戦争に負けて、軍人がいばる時代が去り、きもちが清々したと「生きるよろこび」を謳歌したわかものも多かったのです。

その一人に、今はなき、天才漫画家、手塚治虫があります。

何年たっても、毎度毎度、お通夜のような報道しかしないマスコミの偏向姿勢を、私は心の底から憎みます。道徳的偽善者は、じぶんたちが過去に国民を煽動したことを恥じないからです。

生きてこの世に生まれては、雨もふろう、槍もふろう、人生にかなしみはつきものです。しかし、かなしみは怺(こら)えるから美しいのであって、表立って訴えるものではないと私は信じています。

Blauer Himmel

アルフレッド・ハウゼ楽団の演奏するこのアルゼンチンタンゴを聴くと、破れた人生のかなしみがひしひしと迫って、どういうわけか、泣けてきます。

しかし、旋律が美しいので、いきる希望と力も、けっして絶たれてはいないとわかります。

平和にいきる喜びは、ちいさな声でひっそりうたうから、尊く、また、うつくしいのです。

遠き日の 哀歌かすかに 夕涼み  明以

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー