温室そだち

ヨーロッパ貴族の館には、「温室」というものが貴婦人の部屋たる居間につづきの室として、備わってあったそうですが、寒日にも日向をうけてぬくぬくと花を愛でお茶を飲みつつ語らい過ごすにはぴったりの居住環境です。

弊宅の縁側は「温室」どころか、先の寒波では、あまりの寒さにシクラメンもしおれかけたので、部屋に入れたらみごと生き返りました。

冬のきせつ、花には「温室」が必要なんですね。

きょうは、すこし春の気配を感じる日になりました。

サントリーが開発したという「香」のするシクラメンがこれです。

 

関連記事

  1. 六月のゆううつ

  2. 秋の庭木

  3. きょうのお花

  4. 診療所の四季

  5. 枝もの、初挑戦

  6. ライブラリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー