木々の露

昨年のいまごろは敷居が高いと感じておりました、姉小路車屋町の御菓子所「龜末廣」さんに、いまは足繁く通っています。

お目当ては、…檸檬飴。

ひと袋に、ごろりとした飴玉が、いったい何個はいっているのか正確に数えたことはありませんが、10数個入っております。

溜塗大徳寺皿の上に輝く「木々の露」。敷布の古帛紗は龍村美術織物製。アールヌーヴォーの文様に猫をあしらっております(チョーカーの猫)。

「舶来のレモンエキスを使いまして…、ハイ、明治のころから作っております」とお店の方。

夏季は溶けてしまうので、販売時期は11月から翌年4月ごろまでなのだそうです。

「木々の露」と名前のついたこの檸檬飴は、中毒性があるというのか、1日1袋はイケてしまいます。飽きないのですね。

ただ、おいしい。

まさに甘露とも申すべきもの。お酒を断った小生は、12月の退院以来、毎日、このあめ玉に惑溺しているのでございます。

 

関連記事

  1. 8000人!

  2. 私の足の向う先(11)

  3. 俳句を少々

  4. 私の幸福

  5. 私の足の向う先(10)

  6. 何必館

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー