小暑も過ぎて

コロナ禍も2年目。

昨年は中止になった祇園祭。しかし今年は山鉾だけでも建てることになり、蟷螂山を診療所からの帰途にながめました。

室町将軍にはかない戦をいどんだ公卿の死を悼んだものだそうです。

蟷螂ノ斧ヲ以テ、隆車ノワダチヲ防禦ガント欲ス。

全体に祇園祭の山鉾は中国の故事に由来するもの多く、山を起こしたのも京にすんだ渡来人なのだそうです。日本人のたましいが東洋文明のなかに根づいていることを証して貴重な山鉾だと思います。

ようやく朝に蟬も鳴きだして。

長かった梅雨もそろそろ明けそうです。

うつくしかりしあぢさゐよ、さやうなら。

ことしも鉢植えのむくげが咲きました。

ただ、うれしきこと、限りなし。

 

 

関連記事

  1. 京の夏

  2. 京都の七月

  3. 炎暑裂く

  4. 後祭

  5. 今日から七月

  6. 祇園祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー