厳寒のみぎり

小医は毎日の日記に『婦人画報』付録のダイアリーを昨年から使い始めているのですが、月月の季題、季節の銘、季節の挨拶が書いてあって、勉強になります。今回のタイトルにさっそく使ってみました。

小医は八瀬の一軒家に暮らしていたこともあったのですが、八瀬でさえ、これほどの寒さを感じたことはなく、今週の木曜午後からの冷えこみは格段異例ですね。

しかし外が寒ければ寒いほど、部屋でぬくぬくと過ごす安楽さは増すというもの。

また、夜更けであればあるほど、この安楽の時間を誰にもじゃまされないという安堵が密かなよろこびを増します。

診療所では花器が足りてきたので、昨年からいろいろな「小物」をすこしづつ増やしてきているのですが、がらくたのオモチャみたいなものでも寄せ集まると、ひとつの「ワールド」がうまれ、なにか心をやすめる作用があるようです。

何物にもおびやかされない、安全なちいさな世界。

「壺中天」を今年はきわめてみようかな。

 

 

関連記事

  1. 大黒さま

  2. ちいさな世界

  3. ふくやまへ

  4. 座ってみたい椅子2

  5. 座ってみたい椅子

  6. お花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー