オンシジウムをひと枝

予告していた花器をひとつ、祇園南側にあるPONTEさんで、求めてきました。

旦那さんがガラスを吹いて一つひとつ手作り、奥様がお店を切り盛りなさっておられます。

とても上品なブティック。

私の好みをサッと察して、奥様がスッと出してきて下さった器に、ひとめ惚れ。

人が一人一人違うように、ガラス製品も、どれひとつとして、同じ物はない。

違いを大切にすること。

それが、すなわち、物への愛着につながるとおっしゃっておられ、わが診療所の考えと深く共鳴するところがあります。

さっそく、挿してみたのが、オンシジウムのひとえだ。

赤紫と白の花びら。

花瓶とよくマッチしていると思いますが、いかがでしょうか?

 

 

関連記事

  1. スナ・フジタ

  2. 昂KYOTO&PONTEさん再訪

  3. グッテ・エリクセン

  4. はや六月とはなりぬ

  5. 優雅なひととき

  6. 季節はずれの鉄砲百合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー