私の足の向う先(9)

なつかしきは、つねに子どものときに食べた味。

幼稚園の卒園式だったか、小学校の入学式だったかで、いただいた紅白の上用まんじゅうの味が今に忘れられません。

さいきん、またどんな風がふいたのか、いくつか老舗をためして、なにより美味と思ったのが、老松さん。

しっとりやわらこう餡になじんでお薄にも煎茶にもぴったりです。写真は「嵯峨の春」。

上七軒にある本店に行ったり、大丸の地下で買ったり、自宅からも診療所からも行くに便利です。

こちらの社長さんは茶人で江戸時代の御儒者、有斐斎こと皆川淇園の塾址弘道館を荒廃から近年すくいだした方です。

ご立派です。

くわしくは写真の書籍をごらんください。『平成のちゃかぽん』(淡交社、2017年)は、老松本店でも買求めることができます。

 

 

 

関連記事

  1. 私の足の向う先(2)

  2. 俳句を少々

  3. 私の足の向う先(10)

  4. 私の足の向う先(7)

  5. 修伯にて

  6. 木々の露

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー