猫の戀のあと始末

「ジー」。不憫におもってミルクを上げているというのに片時も警戒を怠らぬ母猫。

わが診療所のちかくでも、昼にやすんでいると、どこからともなく、あわれげに鳴くいきものの声が聞こえてきます。

過ぎた春宵、猫の戀。

その後この世に産声をあげた仔猫たちなのでしょうが、どこにいるのかな?

わが陋屋には使いようのない裏庭が風呂場の奥にあって、週末の土曜日、帰宅してお風呂に入ろうと思ったら、その方面からたよりなげな鳴き声が、アレ聞こえたなと思ったら、…いました。

仔猫たちは3匹。

母猫は、以前このブログでも少し触れたかと思いますが、わが縁側にときどき昼寝にきていた三毛猫です。お腹が膨らんでいるなと見てとっていたのですが、やはり妊娠していたようです。仔猫に乳をやる助けにと、ミルクやマグロの刺身も献上したら、ガツガツお召上りになったというのに、2日もすると仔猫ともども、雲隠れしてしまいました。

「ここは危険だ!」と思ったのでしょうか…。

さびしいきもちになりましたが、これでいいのでしょう。

たくましく生きて行っておくれ。

 

 

関連記事

  1. 猫の戀のあと始末(続)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2019.07.10

    ヌメロサンク
  2. 2019.07.09

    京都の七月
  3. 2019.07.01

    今日から七月
  4. 2019.06.29

    海とサクラ

カテゴリー