猫の戀のあと始末(続々)

「お~い、コンニチハ! なんかエサくれろ」

あれから音沙汰のなかった猫たちですが、さいきん、音沙汰がありました。

仔猫たちです。4匹のうち、3匹が姿をふたたび見せる様になったのです。便りのないのはよい報せ。すくすくケガもなく、大きくなっていたようです。この子たちの父親らしき猫も一度見かけました。巨大で、ライオンのように堂々としていました。

猫のふしぎの一つに、人に馴れるものと、馴れないものの差があります。うまれ、なのでしょうか? それとも、育ち、なのでしょうか? こいつらは、残念ながら、馴れない種族のようですね。

「オット、ありがとよ! いただくぜ!」

 

関連記事

  1. 猫の戀のあと始末

  2. 猫の戀のあと始末(続)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2019.11.06

    秋どすね

カテゴリー