根引の松

仕事納めのおわった診療所近辺は、例年とっても静かです。

おだやかで落着きます。

きょうは根引の松を飾って、今年を〆めようとしていましたら、これが難儀しました。水引は勝手にむすべと花市が紅白をくれたはいいが、…結べません。いい歳をした男がこれではねえ、と反省した大晦日になりました。

今年は、病後のあゆみという一年になりました。なんとか人さまにめいわくをかけず、よく残った、というのがいつわらざる感想です。明日からは4年目。これまで迎えた受診者数は3221名。Googleのクチコミはなんと60票にも到達してしまい、好評にはすなおにうれしく、不評にはやれやれと嘆息。

残りけり よく残りけり 年の暮  明以

来年も、疲れ過ぎぬよう、重々油断せず、健康に留意して、職務をはたして参りたいと思います。来年もかわらぬご愛顧を、みなさま、よろしくお願い申上げます。

最近は使っていない、もうひとつの診察室にあるミュシャ『夢想』

後記 水引はもちろん何とか結び終えました。トホホ。

関連記事

  1. 胡蝶蘭のなぐさめ

  2. 行年来年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー