朝田寺

江戸時代の絵師で、曾我蕭白(そがしょうはく)という人がおり、この人は伊勢を遊歴して、石水博物館でふれた豪商、川喜多家のほか、松阪市にある天台宗のお寺、朝田寺(ちょうでんじ)にも、いくつか作品を残しています。

GWのみ公開! という「お宝」を、拝みに行ってきました。

地元民は「あさだでら」と呼ぶ「ちょうでんじ」。素朴な、いい、お寺です。

水墨画で描いた、あ・うんの獅子と狛犬の絵が有名なようですが、杉戸に描かれた鳳凰と、悪夢をたべる獏(ばく)の絵がすばらしく、「血天井」でゆうめいな京都・養源院にある俵屋宗達の白象、唐獅子の絵にも負けていないと思いました。

朝田寺には、「萬祥苑(ばんしょうえん)」という、愛情ぶかく手入れされたお庭があり、今の季節は、牡丹(ぼたん)が満開でした。

富貴、という名に、正にふさわしい風格がただよいます。

ここも、また訪ねてみたい、本当にそんな気になるお寺です。

関連記事

  1. 晩秋の思い出

  2. 庭の水仙

  3. きょうのお花

  4. 座ってみたい椅子7

  5. 六月のゆううつ

  6. 季節はずれの鉄砲百合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2020.11.25

    上七軒
  2. 2020.11.14

    秋、黄落

カテゴリー