夏去りぬ

私の愛するむくげの花は、せんさいな花。

せっかくこの世に咲いてきたのに、きょうはあいにくの雨で、たちまち打たれて凋れています。

かなしきこと、限無し。

あれほど日差しのきつかった今年の夏も、この雨で、急に消え去ってしまったような感じです。

あれ程うとましかった夏も、去ってしまうとなぜかさびしい。もう一度また戻ってきておくれという感傷さえ心の中にうまれてしまうふしぎさは四季ある日本に固有の情緒でしょう。

朝風呂の 薄らさむさよ 夏さりぬ  明以

 

 

関連記事

  1. 六月のゆううつ

  2. 山わらふ

  3. りんどう

  4. 晩秋の思い出

  5. きょうのお花

  6. 路傍の桔梗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2020.05.15

    おおきに
  2. 2020.05.09

    ぜいたく
  3. 2020.05.08

    風かをる

カテゴリー