台風一過

ふだんニュースを見ない小生は、台風来襲の知らせにびっくり。

昨日は、某製薬会社さんの社内研修会講師としてお招きを受けていたのに、延期となりました。

晴れては降り、降っては晴れてをくりかえしの天候が、いかにも台風だなあと、わくわくしました。

中国の古典『荘子』の冒頭にある、北海にすむ鯤という大魚が化して鵬という大鳥になり、颶風(ぐふう)をどよもしながら、南の海に羽搏き移っていくという巨大スケールな話が、自然思い出されてきます。

いまだ暑いですが、秋の気配はすこしづつ漂い始めています。

その証拠が、赤蜻蛉。

台風の渦をめざして、いざ飛び立たんとしているかのように、勇ましく見えます。

あたかも零式戦闘機。出撃準備は万端整いてあり。

赤蜻蛉 我も颶風(ぐふう)に 乗らむと欲す  明以

 

関連記事

  1. 季節はずれの鉄砲百合

  2. セミはひぐらし

  3. 初夏の八瀬

  4. 季節のお花

  5. はや啓蟄も過ぎ

  6. 八瀬は雪国

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

所長ブログ(最近の記事)

カテゴリー