上七軒

このブログで小医が上七軒の老松をひいきにしていることを知った患者さんから、このまえ、くりしぼりと亥の子もちをいただきました。

ありがとうございました。

おいしくいただきました。

「くりしぼり」は、まさに栗の実をぎゅっとしぼったようにやわらこう象どった主菓子。

「亥の子もち」は亥の子を形どった中にあんと栗のつぶが入った主菓子。

この季節、ほかに「小倉山」といって紅葉の景色を象どったひと口食べるとほろりとくずれる主菓子や、銀杏の塩気があんにひきたつ「銀杏もち」などもあります。私とむすこのイチ押しはこの「銀杏もち」。

老松の主菓子は、いつでも「う~ん」とうなってしまいます。

おいしさに感動があるのです。

京都にすんでいいことは、よい菓子舗とお茶舗がちかくにあること。

秋が深まった最近は、ショパンのノクターンをかけながら、お茶しています。

 

 

関連記事

  1. お寺の薬効

  2. 京の通り名

  3. 日本の中の中華文明

  4. 池坊、春のいけばな展

  5. 松栄堂

  6. 都をどり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー