コニャックな夜

すばらしい秋。

しごとが終ると「鈴懸の径」のメロディを鼻歌でうたって、足どりもかろく、家路をたどる夜の遊歩はたのしい。

わが家にたどりついた深夜のたのしみは晩酌。

LARSENというコニャックは、香がばつぐん。ヴァイキングシップを象ったリモージュ陶器の酒瓶で有名。

幼少のころ、プラモデルをつくる接着剤の匂いがすきで、嗅いでうっとりしていたら、よく父親に叱られたものだった。こどもとはへんなものが好きになる生き物である。LARSENの芳香に陶然としていたら、そんな昔を思い出したりするのが楽しい。52年もこの世に生きているのに、ろくな成長をとげていないものと知れる。

LARSENの香を楽しむには私なりの作法があって、グラスは、グラッパの老舗イタリアPOLI社製の職人手吹きベネチアングラスを使う。40mLと少量しか入らないので、コニャックの液面すぐ近くにまで鼻をよせてこころゆくまで香をきくことができる。グラスはかろく、ステムの細さが、触感の官能をさらに刺戟するようにできている。

さんざん嗅いで、一日そのままグラスに置いたあと、次の日の夜に飲み干すと、揮発成分が抜け、コニャックが甘くのどに沁みとおるという次第。

遠き日の 思ひにひたる 夜長かな  明以

LARSENコニャックとPOLIグラス

関連記事

  1. 魅惑の官能

  2. ドットール・ヴラニエス

  3. 松栄堂

  4. きょうの香は

  5. アロマテラピー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。日本は孤独社会ゆえ、誰に話すこともできない人のため息が、昔から、世を覆っています。聞きましょう。医者の私で良かったら。心地よいお席をご用意して、お待ちしております。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー