お午ごはん

すこしづつ、夏が、後景に退却しつつあります。

今年は例年より雑事が多く、年内もまだしばらくその煩いがつづきそうですが、いっぽうで、のどかな時もぽつりぽつりあり、おひるの食器を整え始めたのも、そのひとつ。こころに余裕はありそうもないのに、じつは出てきたのかしらとふしぎに思っています。

食事はなかみも大切ですが、魯山人の言をまつまでもなく、それを装う食器も大切。

食器は、私は、いつも辻留ゆかりの「ようび」さんで買っています。

中村恵子さんの唐津焼は、あじわいあり、長年家でもだいじに使っていて、今回は診療所用に、ご飯茶碗と箸置きを。箸は四条通堺町下ルの市原製。

これまでお皿を適当にしていたのですが、これではだめだなあと思い、すくないお小遣いから工面をして、瀧川恵美子さんという人の鼠志野の角皿を買ってみました。だんだんになじんでくると、いいのですけれど。

湯呑は、マイセン。カップの飲み口がたいへん飲みやすく気に入って、この3年はずっと愛用中。

いただきま~す

 

関連記事

  1. 座ってみたい椅子

  2. ボルサリーノ

  3. グッテ・エリクセン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー