春帽子

季節がうつりますと、身につけるものの材質から、色から、変えないといけません。

いわば、脱皮ですな。

夏は白のパナマ、冬は濃紺の中折れと、帽子にも定番がありますが、合ものはどうですか。

かむらずに済ますというのも方法ですが、きょうから4月。

日ざしがきつくなっていけません。

帽子というのは、ファッションの要石みたいなところがあって、男子、辺幅ヲ飾ラズとは言い条、かむるほうが「決まる」のです。何よりシルエットが優美になるので、それだけで日々のくらしにきぶんが良くなります。

…そんなわけで、「チンクワンタグラミー」というのを、三条商店街に創業100年超のトミヤさんで求めました。イタリヤ語で50グラムという意味。頭に載せてたいそう軽いわけです。

はたちの若き日に銀座のトラヤでパナマを求めて以来、長らく中断していた閑人趣味がめらめらと復活しております。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

所長ブログ(最近の記事)

  1. 2021.04.28

    ちいさな世界
  2. 2021.04.27

    4000人
  3. 2021.04.02

    Smile
  4. 2021.04.01

    春帽子

カテゴリー