わが仏、尊し

わが診療所の受付カウンター横。

小さな三角コーナーを設けて、グッテ・エリクセン作の青い、小さな花器があるのですが、さきごろ、そこに、観音菩薩さまが、ご降臨なさいました。

観音菩薩像。右手に持っている薬筒に病をいやす聖水を納めておられます。「そういう意味では薬師如来様でもあるのですね」と作家の二見さん。

祇園南側にある昂 KOU KYOTOさんで、今月29日(日曜日)まで開催中の「二見光宇馬展」。

千体もある大小さまざまの仏さまから、この仏様が、私の目を魅きました。

釉薬のかかりかたが、なんとも言えません。

表情も、なんと、穏やかなこと。

まさにひとめぼれ、です。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 雨の日

  2. たすかーたそるて

  3. 秋どすね

  4. 病床にある人へ

  5. 大黒さま

  6. 厳寒のみぎり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。診療所のこと、心の病について、エッセイなど、思いのままに綴っております。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー