紅茶の後

年の暮がいよいよ迫ってきましたが、ひっそりしたまちなかで、ひとり静にしごとをするのは、じつにきもちのよいものです。

日々業務に追われていると、じぶんのしてきた仕事を見直す時間がもてません。

カルテも書きっぱなしではなく、時にふれて、読み返してみると、じつに勉強になります。受診される患者さんの層や姿というものが、よりクッキリと見えてきます。

紅茶を飲みながら、時間をかけてゆっくり仕事をしていると、永井荷風(1879-1959)のエッセイの一節を、思い出します。

コースターは龍村美術織物製。茶托はようびで贖った奥田志郎(透漆)山本哲(金箔)製。カップはル・ノーブル四条店で見つけたウェッヂウッド。はかなげなブルーが気に入っています。

 … 「紅茶の後」とは、静な日の昼過ぎ、紙よりも薄い支那焼の器に味ふ暖国の茶の一杯に、いささかのコニヤック酒をまぜ、或はまた檸檬(シトロン)の実の一そぎを浮べさせて殊更に刺激の薫りを強くし、まどろみ勝ちなる心を呼び覚して、とりとめも無き事を書くといふ意味である。 (『紅茶の後』明治44年)

いかにも美しく、おいしそうに想像される描写で、昔から私の脳中を去らない一節です。さすがは荷風散人。

永井荷風は、さいきん、俳人としても、見直されています。

俳句というものは、いやみな文芸のひとつで、正岡子規とかそのあとの高浜虚子、ホトトギスに拠った東大出の連中が作ったものは、だいたいがつまらないし、一読スッとわからないものばかりです。

しかし、もともと俳句は、文人に必須のたしなみで、その点、荷風や万太郎の句は、どれを読んでもあじわいぶかく、平明にして余韻があると思います。

『自選 荷風百句』(昭和13年)から、「冬之部」をぱらぱら繰ってみましょう。

よみさしの小本ふせたる炬燵哉

小机に墨摺る音や夜半の冬

門を出て行先まどふ雪見かな

寒月やいよいよ冴えて風の声

昼間から錠さす門の落葉哉

最後の一句は、やぼな解説ながら、終日家にこもって読書、学問を娯しむ、文人荷風のようすを伝えています。ひとりぬくぬくと冬日をおくる楽しみは、もとより蕪村(1716-84)が上手とするところ。蕪村は晩年、画業で生計を立てながら、京都のまちなかに隠れ住んでいました。

桃源の路次の細さよ冬ごもり

うずみ火や我かくれ家も雪の中

名句を並べたうえで、おこがましいこと甚だしいのですが、しかたがないので(?)、私も一句よんでみます。駄句をあわれんでください。

 なか京にて

行年を ひとり静に 送りけり

ふみとりて こころを澄ます 年の暮

そら澄みて まち静なり 日向ぼこ  明以

皆さまにも、どうか、よいお年を、お迎えくださいませ。

 

 

関連記事

  1. わたしにとっての贅沢

  2. 30年目の発見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。日本は孤独社会ゆえ、誰に話すこともできない人のため息が、昔から、世を覆っています。聞きましょう。医者の私で良かったら。心地よいお席をご用意して、お待ちしております。
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー