目には青葉

八瀬川で

目には青葉 山ほととぎす はつ鰹   素堂

ついこの間まで、枯枝だけの姿だったのに、あっという間に、青葉があおあおと。秋の紅葉よりも、春から初夏にかけての青楓が、いつからか私はすきになりました。

青楓をながめるときに、いつも思い出されるのが、山口素堂(1642-1716)のこの俳句。初夏の爽やかな風を受けながら、日中から一杯やる酒肴のたのしみが、うきうき楽しく伝わってくる感じがして、よいのです。

烏丸通を夷川からくだる通勤のとちゅう、押小路にある、とり安さん。

親子丼や唐揚丼が人気のお店です。

ここに、シャガが咲いているのですね。なんとゆかしいお店でしょう。

八瀬の自宅の裏山でも、きょうは、つぼみが開いて咲きはじめそうでした。

また一年がめぐってきたのですね。

Iris japonica

関連記事

  1. 俳句を少々

  2. ヨキ風ノ吹ク

  3. 8000人!

  4. 修伯にて

  5. いつか知ら

  6. 私の好きな建物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。日本は孤独社会ゆえ、誰に話すこともできない人のため息が、昔から、世を覆っています。聞きましょう。医者の私で良かったら。心地よいお席をご用意して、お待ちしております。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー