昨年のいまごろは…

ちょうど一年まえの本日4月30日は、はや遠い日の記憶となってしまいましたが、開院前日の内覧会でした…。

みなさんにご挨拶を頂く以上はと、羽織袴の正装で、お出迎えを致したものでした。

あれからちょうど一年。

診療所はおかげさまで皆様のご愛顧をいただき、この一年間で総計1635名の患者さんにご来院いただく結果となりました。あす5月1日から正式に二年目に入りますが、かわらぬご支持を賜りますればと存じます。

開院時はたくさんの胡蝶蘭をいただき、爾来わたしは蘭の花がたいへんすきになりました。そのときにいただいた蘭のうち、ふたたび花をつけてくれた株があります。

開院一年後の記念に、写真をパチリ。

古来、気品ある花木として、菊、竹、梅、蘭の四種あり、四君子とよばれます。

覚えるときは、四君子苑を併設する、出町柳にあるお茶の美術館、北村美術館にちなんで覚えると、おぼえやすいと思います。

き…菊。

た…竹。

む…梅(むめ)。

ら…蘭。

ゆっくり成長してゆっくり花をつける蘭の花は高いのですが、じつに長持ちします。眺めていて飽きるということがありません。悠長でいて、しかも、気品を失わない。その優美さは、他を圧しています。

せからしく、目先の結果だけを、けちけちがめつく追い求める現代の風潮とは、まるで正反対の世界にいる、きよらかな花ですね。

半世紀 年月去りぬ いつかしら 草花愛づる 吾となりしも   明以

 

 

 

 

関連記事

  1. 春のメンタルヘルス大相談会

  2. のぼり、立てました!

  3. たすかーたそるて

  4. 年末年始の診療のおしらせ

  5. お花

  6. ホームページ・リニューアル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。日本は孤独社会ゆえ、誰に話すこともできない人のため息が、昔から、世を覆っています。聞きましょう。医者の私で良かったら。心地よいお席をご用意して、お待ちしております。
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー