アロマテラピー

「アラ、何か、お香の薫りがしますね」

わが診療所に、そこはかとなく薫る芳香に気がついて、これは何の香りでしょう?とおたづねくださる方が絶えません。

答は、烏丸二条にある、松栄堂さんの「誰が袖(たがそで)」。

お線香だと、煙がくどいので、香袋にしています。

夏がおわってから、診察室にひとつづつ、飾り置いているのですが、診療所に入る玄関前まで、薫っています。

敷布は龍村美術織物製古帛紗

最近、『それから』という夏目漱石原作の、森田芳光監督の映画を観ていたら、主人公の代助(松田優作)が、部屋の四隅に、資生堂の香水をまくシーンがあり(兄の誠吾が「この部屋はなんだかいい匂いがするな」と云う)、真似て、サンタ・マリア・ノヴェッラを、ポトリ、数滴落としています。

いろいろ試しましたが、定番の「王妃の水」と「ロシアン・コロン」が一番いいようです。

松栄堂の誰が袖とサンタ・マリア・ノヴェッラのロシアン・コロン。香りの和洋折衷。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 松栄堂

  2. ドットール・ヴラニエス

  3. コニャックな夜

  4. きょうの香は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

京都市中京区蛸薬師 四条烏丸駅・烏丸御池駅近くにある心療内科・精神科クリニック「としかわ心の診療所」ウェブサイト。日本は孤独社会ゆえ、誰に話すこともできない人のため息が、昔から、世を覆っています。聞きましょう。医者の私で良かったら。心地よいお席をご用意して、お待ちしております。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー